昔の名作アニメーション(アニメ)が続々と実写映画化されている. 2011年2月11日公開のあしたのジョー(主演,山下智久),2011年1月29日公開の GANTZ(主演,二宮和也,松山ケンイチ). 2010年12月1日公開の SPACE BATTLESHIP ヤマト(通称,SBヤマト)などだ. SBヤマトは,1974年(36年前)に日本テレビ系(讀賣テレビ)で放送されたテレビアニメ宇宙戦艦ヤマトの実写版となる.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_11020110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_250
SBヤマトは,主人公古代進役を SMAP(スマップ)の木村拓哉(通称,キムタク). 森雪役は,二転三転したあげくプッツン女優の沢尻エリカ(通称,エリカ様)に内定した. だが,所属事務所スターダストプロモーションから契約解除(解雇)されたことなどから,最終的には沖縄県出身の黒木メイサとなった.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_27220110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_262
監督は ALWAYS 三丁目の夕日山崎貴だ. 日本では,週末興行ランキング1位,公開から5日間の観客動員が80万人. 最終的には,観客動員が300万人をこえそうだ. だが,1978年(昭和53年)に上映されたさらば宇宙戦艦ヤマトの観客動員400万人はこえられなかった.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_24020110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_132
すでに,米国,カナダ,スペイン,イタリアなど26カ国から配給のオファーがきているようだ. 2010年12月31日からは中国台湾,2011年1月6日からはタイ王国で公開されている.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_14220110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_152
日本のアニメーションは全世界で定評があるが,同じストーリーであっても実写となれば話は違うようだ. タイでは苦戦を強いられている. 公開2週でトップ10から姿を消してしまった. SF 映画とはいえ,大日本帝国海軍が建造した史上最大の戦艦大和(ヤマト)と重なるからなのかもしれない.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_06220110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_032
この宇宙戦艦ヤマトシリーズを企画,原案,製作,総指揮をしているのが西崎義展(にしざきよしのぶ)だ. キャラクターデザインなどの設定は,漫画家松本零士となる. ただし,西崎義展SBヤマトに直接関わっておらず,息子の西崎彰司(エナジオ社長)が協力している.
宇宙戦艦ヤマトシリーズの西崎義展.
20110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_01220110212_宇宙戦艦ヤマト_ウエストケープ_西崎義展_022
この宇宙戦艦ヤマトが,船橋市高瀬町千葉港に停泊している.
20110213_船橋市高瀬町_宇宙戦艦ヤマト_西崎義展_01620110213_船橋市高瀬町_宇宙戦艦ヤマト_西崎義展_019
その,ヤマトとは...
続きを読む