約13万m2もある広大な旭硝子船橋工場跡地の再開発が,ようやく起動する. その原案が,2010年11月15日開催された第106回船橋市都市計画審議会で一部あきらかになった. その原案では,東武野田線新船橋駅前を中心に10階建てクラスの集合住宅(マンション)が5棟もできる.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_03420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_082
その住宅の総戸数は,1500戸にもなる. では,どのくらいの人口になるのだろうか. これを推定するのに参考になる地域がある. ららぽーとTOKYO-BAYがある船橋市浜町2丁目だ. 15年ほど前までは,ほとんど居住している人がいなかったが,その後自主廃業した山一證券研修所や事務センタ跡地に東京ベイスクエアプリズム(511戸)や東京ベイスクエアミッテ(358戸)ができ,さらに世界最大の屋内スキー場ららぽーとスキードームSSAWS(ザウス)跡地にできたワンダーベイシティSAZAN(1211戸),グランドホライゾントーキョーベイ(684戸)ができ,急速に人口が増加した地区だ.
20110211_旭硝子跡地推定人口ピラミッド_03020110211_旭硝子跡地推定人口ピラミッド_022
ここの船橋市浜町2丁目には,若いファミリィ層が多く居住するため,旭硝子船橋工場跡地の人口構成もほぼ同じ構成になるものと考えられる. 旭硝子船橋工場跡地の計画人口は発表されていないが,船橋市浜町2丁目の人口ピラミッドにあてはめると,男性 2049人,女性 2053人,総居住人口 4102人にもなる(さらに人口は増えるので計画人口は5000人か?).
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_12420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_140
同じように,小学校の児童数,生徒数を推定してみると,小学1年(6歳)-小学6年(11歳)で 357人,中学1年(12歳)-中学3年(14歳)が 91人だ. 357人は,小学校ひとつ分に相当する.
20060603_船橋市市場1・市場小学校・運動会_1103_DSC0357820060603_船橋市市場1・市場小学校・運動会_1110_DSC03596
だが,今回の旭硝子船橋工場跡地の都市計画には小学校用地は組み込まれていなかった. 船橋山手地区は,工業地域であるため,この地区には学校や病院,公園がほとんどない. 特に,小学校は空白地帯になっている. 山手地区の小学校は選択制となっているが,大型マンションがつぎつぎに建設されたため,どこの小学校も教室が不足していて受け入れられる余裕はない.
20060603_船橋市市場1・市場小学校・運動会_1105_DSC0357920060603_船橋市市場1・市場小学校・運動会_1108_DSC03590
船橋市は,この小学生の受け入れ先として,比較的余裕がある市場小学校を想定している. だが,船橋小学校の全面改築の間の受け入れ小学校としても予定しているため,旭硝子船橋工場跡地の小学生を受け入れられるのかは微妙だ.
▼右地図は,5km圏と10km圏を示したもの.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_02520110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_164
それに,旭硝子船橋工場跡地から市場小学校までは 2.1km もあり,大人の歩行速度でも 26分もかかる. 小学校1年の児童が歩く距離としてはキツい. 車が交通量が多い交差点も,いくつも渡らないといけない. 船橋市は,どうするつもりなのだろうか. この小学校対策の,参考になる小学校が船橋市内にある...
続きを読む