約13万m2もある広大な旭硝子船橋工場跡地の再開発が,ようやく起動する. その原案が,2010年11月15日開催された第106回船橋市都市計画審議会で一部あきらかになった. その原案では,東武野田線新船橋駅前を中心に10階建てクラスの集合住宅(マンション)が何棟もできる.
20110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_03420110121_船橋市_山手地区のまちづくり計画_082
その住宅の総戸数は,1500戸にもなる. 1500戸とは,どのくらいの規模なのだろうか. その参考になる事例がある. 習志野市東習志野2丁目の巨大マンションユトリシアだ. 若いファミリー向けマンションとなっている.
20110210_習志野市東習志野2_大規模マンション_ユトリシア_01020110210_習志野市東習志野2_大規模マンション_ユトリシア_092
ユトリシアは,鉄筋コンクリート造り地上14階で,総戸数 1453戸にもなる. A棟293戸,B棟303戸,C棟315戸,D棟279戸,E棟301戸となっている. 当初は,地上15階(高さ44.65m),1505戸だったが,地元からの要望もあり,計画を変更した. 実は,総個数が旭硝子船橋工場跡地の再開発の戸数に近いこと以外にも,色々な面で似かよっているところがある...
続きを読む