日本初の女性政治家といえば,邪馬台国に都をおいていたとされる倭国(わこく)の女王卑弥呼((2世紀から3世紀ごろ)だろうか. その後も,飯豊天皇(いいとよてんのう),推古天皇(すいこてんのう)など,女性が活躍した時代が続く.
日本_邪馬台国_倭国_女王_卑弥呼女性政治家_030日本_邪馬台国_倭国_女王_卑弥呼女性政治家_022
しかし,戦国時代(15世紀末から16世紀末)以降,男性中心の政治統制や社会が長く続く. だが,戦後民主主義以降,1985年に男女雇用機会均等法が制定され,女性パイロットや女性鉄道車掌,女性タクシー,女性バスドライバーなどと,女性の活躍が広がっている. 近年においては,統一地方選挙女性候補が躍進している.
▼八戸市市議会議員の藤川ゆり.
20110424_八戸市市議会議員_藤川ゆり_01220110424_八戸市市議会議員_藤川ゆり_022
2011年4月24日(日)投開票の統一地方選後半戦では,293市議選がおこなわれ,全候補に占める女性の比率が 14・7% と過去最高になった. その中でも,ワイドショーなどでよく取り上げられるのが,美人すぎる市議の八戸市市議会議員の藤川ゆり(藤川優里)だ. 今回の,統一地方選では,八戸市議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し,再選している.
20110424_市川市_政治_並木まき_市川市議員_1201_DSC0854720110424_市川市_政治_並木まき_市川市議員_1301_DSC08730E
その,美人すぎる市議が市川市市議会議員にいる...
続きを読む