船橋市浜町2丁目の船橋ヘルスセンターが1977年5月に閉鎖し,その跡地につくられたららぽーと船橋ショッピングセンター(ららぽーとTOKYO-BAY)がオープンしたのは1981年4月2日だった. その後,滋賀県守山市にららぽーと守山が1994年オープン.
船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_DSC02456E船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_010E
そして,近年になって兵庫県西宮市にららぽーと甲子園が2009年3月オープン. 東京都江東区にアーバンドックららぽーと豊洲が2006年10月オープン. 千葉県柏市にららぽーと柏の葉が2006年11月オープン. 神奈川県横浜市都筑区にららぽーと横浜が2007年3月オープン. 静岡県磐田市にららぽーと磐田が2009年6月オープン. 静岡県磐田市にららぽーと磐田が2009年6月オープン. 埼玉県三郷市にららぽーと新三郷が2009年9月オープンと,ららぽーとブランドの大型店がつぎつぎにオープンしている.
20110123_神奈川県海老名市上郷_ららぽーと海老名_01220110123_神奈川県海老名市上郷_ららぽーと海老名_022
そのららぽーとに新しい仲間ができそうだ. その場所は,神奈川県海老名市のJR相模線海老名駅西口前の海老名駅西口土地区画整理事業地区になる. 小田急線と相鉄線海老名駅東口側は都会的な街並みになっているにもかかわらず,西口側広大な土地は駐車場や農地(水田)しかない状態だった. 海老名市は,かねてから東西一体のまちづくりを目指していたが,再開発事業はなかなか進まなかった.
20110123_神奈川県海老名市上郷_ららぽーと海老名_03220110123_神奈川県海老名市上郷_ららぽーと海老名_042
地元地権者と浜銀総合研究所が,大型複合商業施設進出可能な企業に声をかけたところ14社から申込があり,そのうち4社から事業提案プレゼンテーションがおこなわれた. その中でも,三井不動産(株)が提案した(仮称)ららぽーと海老名が最優秀提案となったのだ. 地元地権者との調整が順調にいけば,オープンは4年後くらいになりそうだ.
海老名駅西口土地区画整理事業地区に,船橋市のららぽーとTOKYO-BAYを同尺度で重ねたもの. いかに大きい開発地区なのかがわかる.
20110123_神奈川県海老名市上郷_ららぽーと海老名_05420110123_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_010
三井不動産(株)の事業提案プレゼンテーションは一般公開はされていないが,(仮称)ららぽーと海老名などの商業施設と超高層マンションになるようだ.