3D映画アバター(2009年)のヒット以後,今 3D(3次元)が花盛りだ. 3D は,今家庭用ゲームの世界で開花しようとしている. テレビゲーム大手任天堂が,3D 対応の新しい携帯型ゲーム機ニンテンドー3DSを,2011年2月26日(土)に発売する.
20110226_任天堂_ニンテンドー3DS発売_03020110226_任天堂_ニンテンドー3DS発売_1031_DSC07401
携帯型ゲーム機ニンテンドー3DSは,3D の本命といわれている裸眼(専用3Dメガネなし)でも見れる技術を使っている. 価格は 25000円. ソフトを1本買えば3万円を超えてしまう. 25000円は,スーパーファミコンの発売時の価格ではあるが,携帯ゲーム機としてはかなり高めの価格だ. 正月のお年玉で買うにしても,子どもが買う物としてはかなり高すぎる.
20110226_任天堂_ニンテンドー3DS発売_01020110226_任天堂_ニンテンドー3DS発売_020
2010年9月29日の任天堂カンファレンス2010で,ニンテンドー3DSは正式に発表された. 直後,任天堂の株価が上がるどころか大きく下落してしまった. その発表の内容が,株式市場の期待を裏切ったからだ. 価格の設定の他に,クリスマス商戦正月商戦に間に合わなかったからだ. これに対して任天堂は,「新製品の完成度を高めて,十分な数量をそろえて発売することが望ましいと判断した」と説明している.
▼ネットで作られた,ニンテンドー3DSの予想CG.
20110226_ニンテンドー3DS_予想_02020110226_ニンテンドー3DS_予想_050
遅れた理由の詳細は発表されていないが,どうも通信機能(すれ違い通信)や不正コピー対策(マジコン対策)などのソフトウェアの開発の遅れと,シャープ製の視差バリア液晶パネルの生産が追いつかなかったらしいというのが大方な見方だ. シャープも,より儲かるスマートフォン向けの液晶パネルに製造ラインを向けているため,徹底的に価格をたたかれた任天堂向けの液晶パネルは,できる範囲で生産というところなのだろう. 今回使った液晶パネルは特殊なものなので,シャープ以外の部品メーカにはたのめない.
▼ネットで作られた,ニンテンドー3DSの予想CG.
20110226_ニンテンドー3DS_予想_03020110226_ニンテンドー3DS_予想_040
実は,任天堂3D(3次元)ゲーム機はこれが始めてではない...
続きを読む