ドイツのヴィルヘルムコンラートレントゲンエックス線(X線)を発見したのは1895年のことだった. 1000ページ以上の分厚い本をも透過するX線の発見により,特に医療分野において画期的な進歩をもたらした. それから1世紀以上が過ぎ,レントゲン写真撮影は,手術で体を切開をしなくても骨や歯の状態がわかるようになったばかりか,近年は放射線医学がん治療として,現代医学には欠かせないものになっている.
20110624_放射線医学_レントゲン写真撮影_歯科医療_01020110624_放射線医学_重粒子線がん治療装置_HIMAC_016
原子力(核)も,原子力発電所(原発)が産業を支える電力供給源として主力をになっている. 原子力は日本のエネルギーの安定供給や,ウランを濃縮技術の蓄積などの目的からから国をあげて推進されたからだ. 日本の原発は2種類ある. 沸騰水型原発(BWR)と,加圧水型原発(PWR)だ. 米国のゼネラルエレクトリック社(GE)が開発した沸騰水型原発(BWR)は,東北電力,東京電力,中部電力,北陸電力,中国電力が採用し,東芝日立製作所が技術提携して作っている.
▼今回事故を起こした,東京電力(東電)の福島第1原子力発電所沸騰水型原発(BWR)だった.
20110624_原発事故_福島第1原子力発電所_01220110624_原発事故_福島第1原子力発電所_022
また,米国のウェスチングハウス社(WH)が開発した加圧水型原発(PWR)は,北海道電力,関西電力,四国電力,九州電力が採用し,三菱重工業が技術提携して作っている. それぞれ特徴があるが,ウェスチングハウスの設計思想の方が核分裂をコントロールする制御棒を上から入れるため,より安全性が高いといわれている.
20081031_原発事故_福島第1原子力発電所_03220081031_原発事故_福島第1原子力発電所_042
原発1基あたり 3000億円 から 4000億円の費用がかかると言われている. 技術ライセンス供与している米国企業だけでなく,東芝,日立製作所,三菱重工業などの原子力産業,建設会社を始めた多くの巨大企業が原子力産業に携わっている. 特に1号炉(マーク I)は,ゼネラルエレクトリック社からのライセンス生産したもので,東京電力(東電)が保有する原子炉の中で最も古く40年を経過していた. 当初の耐用年数は過ぎ老朽化していたが,誰もが納得するような技術的な根拠の提示もなく延長をしたばかりだった.
20110311_原発事故_福島第1原子力発電所_20020110311_原発事故_福島第1原子力発電所_210
だが,2011年3月11日(金) 14:46 ごろ,東日本の太平洋側に非常に強い東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した. 東北岩手三陸沖や宮城県沖,茨城県沖を震源とする巨大地震となった...
.
20110311_原発事故_福島第1原子力発電所_26020110311_原発事故_福島第1原子力発電所_250
この地震によって,東京電力福島第1原子力発電所の1号炉から6号炉が停止した(5号炉,6号炉と4号炉は定期点検で停止していた).
20110311_原発事故_福島第1原子力発電所_27020110311_原発事故_福島第1原子力発電所_292
また,地震によって引き起こされた大津波により,原子炉使用済核燃料プールを冷却するために必要な外部電源や非常用ディーゼル発電など,全ての電源が失われた. いわゆる,起きてはならぬ電源喪失が起きてしまったのだ.
20110311_原発事故_福島第1原子力発電所_29820110311_原発事故_福島第1原子力発電所_320
2011年3月11日(金) 15:45 にオイルタンクが大津波によって流出し,つぎつぎにディーゼル発電機が停止する. だが,当時現場で仕事をしていた作業員の証言では,「津波が来る前に水が漏れていて,非常用ディーゼル発電機が動いていたのは2号機だけだった」という証言もあり,電源喪失の主原因は津波でなく地震ではなかったのかといわれているが,東京電力としては1000年に1度あるかないかの想定外の津波という説明を変えていない.
20110311_原発事故_福島第1原子力発電所_37220110311_原発事故_福島第1原子力発電所_382
2011年3月11日(金) 19:03 に枝野幸男官房長官が記者会見にて,原子力緊急事態宣言を発令した. だが,国民のほとんどは,この深刻さに気がついていなかった,
20110312_原発事故_原子力緊急事態宣言_枝野官房長官_02020110312_原発事故_原子力緊急事態宣言_枝野官房長官_010
東京電力福島第1原子力発電所から半径 2km の住民に避難指示. さらに 21:23,半径 3km 以内の住民全員に避難命令,半径 3km から 10km 圏内の住民に対し屋内待機の指示が出る(その後,半径 20km 以内に避難指示,半径 30km の範囲で屋内待避指示となる).
20110314_原発事故_福島第1原子力発電所_41220110314_原発事故_福島第1原子力発電所_422
核燃料棒(主にウラン)自らの崩壊熱により,猛烈ないきよいで水が蒸発. 核燃料棒を水で満たすことができず,空だきの状態となっていた. ペレット状の核燃料を筒上のジルコニウム合金(ジルコン)で保護されている. しかし,ジルコニウム合金は約1100度で溶けだす. そして,核燃料も溶け出して圧力容器下部に落ち,核燃料などは 2700度に達したとされている. 制御棒も含めて融解するメルトダウン(炉心溶融)だ.
20110314_原発事故_福島第1原子力発電所_09220110314_原発事故_福島第1原子力発電所_098
ジルコニウム合金は,融解するときに(H2O)から酸素(O)を奪うため水素(H)を大量に発生させる. そして,2011年3月12日(土) 15:36 1号炉建屋が水素爆発した. そのようすは中継され,世界中が驚愕(きょうがく)した.
20110314_原発事故_福島第1原子力発電所_11220110314_原発事故_福島第1原子力発電所_122
実は,米国は福島第1原子力発電所の深刻さを察知し,ホウ酸を炉心に早く入れろと提供を申し出ていた. だが,東京電力はホウ酸の受け取りを拒否していた. ホウ酸は,中性子を抑える力があり核反応の減速材として使われる. だが,一度これをに入れてしまえば,4000億円ともいわれる原子炉の廃炉を意味するからだ. しかも,廃炉には1兆円以上の費用がかかる.
20110314_原発事故_福島第1原子力発電所_05220110314_原発事故_福島第1原子力発電所_062
しかし,ようやく2011年3月12日(土) 20:20 から海水注入が開始された. 一度米国に対して断った建前上,再度提供を求めることはなかった.
20110314_原発事故_福島第1原子力発電所_07220110314_原発事故_福島第1原子力発電所_082
現時点においても事故の収束はされておらず,放射性物質原子力発電所から環境中に放出されている. また,原子炉(圧力抑制室)の損壊や使用済核燃料プールの水温上昇など,いつ深刻な事故が再発してもおかしくない異常事態が続いている. まだ,予断を許さない.
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2011年06月20日)東北地方太平洋沖地震@船橋市民まつり船橋港親水公園花火大会(256)
(2011年06月18日)東北地方太平洋沖地震@習志野市の汚水問題(255)
(2011年05月29日)東北地方太平洋沖地震@東京電力の謝り方(238)
(2011年05月22日)東北地方太平洋沖地震@東京電力原発事故の防護服量(235)
(2011年05月23日)東北地方太平洋沖地震@東京ディズニーリゾートの節電(222)
(2011年04月16日)東北地方太平洋沖地震@東京ドームシティの節電(220)