2011年2月17日の木曜は,ららぽーとTOKYO-BAY休館日(定休日)だった. 休館日であることをわからずにららぽーとに来た客も多かったようだ. 2月と8月はニッパチといって,年間の中でも売上が落ちる月だ.
20110217_ららぽーとTOKYO_BAY_休館日_木曜_1934_DSC0662720110217_ららぽーとTOKYO_BAY_休館日_木曜_0737_DSC06597
ららぽーとも,この閑散期を利用して一斉休日(休館日)にする. このタイミングを利用して,設備の更新などの工事をおこなうこともある. だが,かつては2月に連休にしていたが,今は1日だけの一斉休日となっている. ららぽーとTOKYO-BAY休館日は年に数回しかないが,木曜休みにすることが多い. だが,他の地区のららぽーと場合は,火曜にしている.
20060215_ららぽーと_休館日_2226_DSC0811020050216_ららぽーと_休館日_2153_DSC08231
かつての百貨店は,月曜にすることが多かった. 忙しかった土日の疲れをゆっくり月曜にとるといった意味があったのだろう. だが,土日に売れた商品の補充作業をしなければならない. さらに,その補充発注された納品が火曜水曜に入ってくる. そのような週サイクルを考えると木曜休みにするのが無難といったところだろうか.
▼こちらは,現代の美容院デジタルパーマ.
20110217_美容室_デジタルパーマ_女性_01220110217_美容室_デジタルパーマ_女性_020
全国的に定休日を決めている業界として,散髪屋美容院がある. ただし,都道府県によって異なる. 関東圏は,火曜定休日にすることが多いが,他の都道府県では月曜が多い.
1953年_昭和28年_美容院_パーマ_女性_電髪_0221953年_昭和28年_美容院_パーマ_女性_電髪_034
美容院月曜にしなければならなかったのには理由がある. それは,戦後おこなわれていた電髪(でんぱつ)パーマだ. 見てのとおり,かなりの電力を使うのだ. 土日後の月曜は,一般的な会社も電力消費が大きくなる. そのため,国策として,散髪屋美容院を休みにしたのだ.
1953年_昭和28年_美容院_パーマ_女性_電髪_0521953年_昭和28年_美容院_パーマ_女性_電髪_064